経営計画書をつくりたい経営者の方へ「小山昇の実践経営塾・経営計画書の作り方」  

1.「数字」 2.「方針」 3.「スケジュール」
この3つを決定し、一冊の手帳にまとめる。全社員の意識が変わる。
会社が増収増益を重ねる。小山昇の魔法の書!

私が社長になったとき、「株式会社武蔵野」は正真正銘の落ちこぼれ集団でした。困ったことに、社員の20%が不正をしていました。ミーティングと称してはファミレスに集って「どうすれば不正出来るか」を話し合っていました。会社車両を私的に乗り回し、湘南にサーフィンに行く社員までいました。すべて本当の話です。ところが今は違います。「株式会社武蔵野」は成長を続けています。「日本経営品質賞」を2度受賞、増収増益が続き、銀行からも高く評価されています。 落ちこぼれ集団がどうして変われるのか。どうして増収増益を実現できたのか。その理由は、社長が「ルール(=方針)」を決定したからです。私は「人間心理を無視して経営をしてはいけない」と考えています。社員は「面倒なことはやらない。都合の悪いことはやらない」のがまともです。だとすれば、「面倒なことでも、都合の悪いことでも、やらざるを得ないルール(=方針)」を決定するのが社長の務め。このルールブックが1冊の手帳にまとめた「経営計画書」なのです。おかげさまで株式会社武蔵野も創業50周年を迎え、プレミアム企画として「小山昇の実践経営塾 経営計画書のつくり方」を「限定2000名の経営者だけ」に販売します。2000セットしか作りません!
「立派な会社をつくるための道具」として、ひとりでも多くの社長に、「経営計画書」を役立てていただきたいと願っております。

株式会社武蔵野 代表取締役社長 小山 昇


(C) 2014 MUSASHINO.inc